株☆デイトレードに挑戦

株をデイトレードで始めてみませんか?

株のデイトレードとは、私が考える以上に、株の初心者が手を出すには難しいもののようです。

しかし、まだ何も知らない株の初心者だからこそ出来ることもあるような気がするのですが。
それを世間ではビギナーズラックと言うのでしょうが。

株の値動きなどをまだまだ見る目を養っていないからこそ、集中して勉強するためにも、デイトレードで集中するのです。

私は幸いにも、市場が開いている時間帯は常にネットをチェックできる環境にあります。
小さい子供もいないので、誰にも邪魔されることなく常にネットをつないだ状況にしておくことができるので、デイトレードで勉強させてもらおうと思うのですが、まず、デイトレードでもなんでも株の取引を開始するには、手続きが必要となってきますよね。

今回は、その手続きについてお話していこうと思います。
まず、証券会社に口座開設の申し込みをする必要があります。

申し込み方法は各会社によって多少異なりますが、住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどを必要事項を記入して申し込むと、後日ログインとパスワードが送られてくるので、それを登録すると官僚となります。

もともと持っている口座を利よす売ることもできますが、証券会社によっては確定申告を代行してもらえるサービスなどもありますので、そういったものを参考にして証券会社を決めるのもいいと思います。
特に私は税金関係が非常に苦手なので、納税も代行してもらえるところにしようと思っています。

株のデイトレードに向いているのは何と言っても専業主婦の方。
家事がある程度できていれば、日中ずーっと株の変動を見ることができるという状況にある人が好ましいです。

その専業主婦の方も、家族の変化によって、デイトレードが難しくなってくることがあります。

それは子供。

乳児がいるのであれば、定期的に株価の変動をチェックすることはできないし、ある程度大きくなってきたらきたで、パソコンのマウスをいじってくる可能性がある(子供と言うのは、なにかと大人の真似をしたがるので)パソコンを立ち上げておくことによって、自分が思うようにトレードできない可能性が非常に高いし、とんでもないところで売買成立をされてしまうとも限らない。

デイトレードの場合、パソコンは基本立ち上げっぱなしのわけですから、その最中に何が原因でパソコンの電源を消されてしまったりとトラブルが起こるか分からない。
いくら性能の良いパソコンだって、電源を入れてから株のトレードを行える状況になるまで時間がかかります。
デイトレードは、1分1秒単位で株価が変動し、その差を利用した売買方法なわけですから、このトラブルは命取りともいえるでしょう。

だから、小さな子供がいる家庭では、株のデイトレードはおすすめできないようです。

子供が幼稚園や保育所、小学校へあがってからデイトレードに移行して、それまでは、スイングトレードなどで様子見をしながら売買できるものの方がよさそうです。

実際、必要に迫られて、株のデイトレードをしばらく諦めていたという方もいらっしゃるようです。

デイトレードは、専業主婦や、株での売買を専門として株の変動をじっくり見ることのできる環境にある人が行うのがベストな取引のようですね。

経済