株☆デイトレードに挑戦

株をデイトレードで始めてみませんか?

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

株のデイトレードは短期決戦です。今までさんざん書いてきたけれど、その日のうちに買い、その日の内に売ってしまう。その間にどれだけの利益を生み出せるか、正にこれこそギャンブル性の高い投資はないかもしれません。よくFXもギャンブル性の高い投資というけれど、株のデイトレードの方がギャンブルに近いと言ってもいいかもしれないですよね。

もちろん、根拠のない投資に意味はありません。やはりデイトレードと言えどもお金を動かすのですから、一日の値動きを予想しなくてはいけませんよね。誰も損をしたくて投資等しませんから。

デイトレードに適しているというか、値動きの激しい市場はやはり「JASDAQ」だそうですね。もうひとつはFXの株版とも言える「大証」が行っている日経225先物のミニ。今のデイトレーダーはそこに狙いを定めて取引を行っているようです。やはり、短期決戦であるが故に、その間にそれ内の利益を生み出そうと思えばそっちに向かうのは至極当然の事なのかもしれません。
しかし、デイトレードというのは、一回の取引で大きく稼げるものではありません。よほどの大金をつぎ込めば話は別ですが、そんな一瞬の、よく企業を吟味しないような投資に全力をかけることはまずないと思います。なので自然と取引の規模は小さくなり、小さな利益をコツコツと積み上げることがとても重要になってきます。

損をしている人に多いと思うのですが、損をするとそれをすぐ取りかえそうとして、逆に傷口を広げてしまうということになってしまいます。そして、気がついたときにはもう取り返しがつかない事に……。大きな利益をイメージすることはとても大事なことですが、それは一回の取引ではなく、コツコツと積みかさねていくものなんです。

デイトレードを始めてみると、社会の動きに非常に敏感になってきます。
今持っている株の関連企業絡みのニュース、たとえば、金属部品工場であれば、その原材料となる値動きや、輸入していることとも関連してくるだろうから、為替の変動も気になってくる。

株をやっていると、いろいろなことにアンテナを張り巡らせるようになるから、デイトレードに慣れてきたら、同じく世界の経済などに注目しなくてはいけないFXも同時進行できそうですよね。

でも、fxにもスワップで儲ける方法などいろいろあるから、こちらも同じく日々の勉強の積み重ねが大切になってくるでしょうね。

最近書店でよく経済関連の雑誌をよく立ち読みするようになったのですが、デイトレードしている人間にはちょっと関係のないものとして、配当金と言うものがあります。

こちらは、最低でも権利確定日に株を所持していなくてはいけません。

最近世間をにぎわせていたJALの株主だった人のコメントとして、
「株主優待を利用して〇〇へ旅行したのが懐かしい」

などという言葉が雑誌に掲載されていたりしたけど、株の怖いところとしては、いつぞやは高額だったものが、今では紙切れ同然と言ったことがあり得ること。

ウォール街から始まった世界恐慌では、多くの人たちが株価の下落にほんろうされました。

そして今はリーマンショックから・・・。
人間馬鹿ではないので、ウォール街の出来事から学んでいることは多いようで、あの時ほど恐慌には陥っていないし、こうしてその安値を利用してトレードを始める人間もいる。

上手にトレードすることができれば、利益も増えていきますよ。

デイトレードの勉強をしていて見つけた面白いキーワード。
その名も「江頭タイム」
語源の江頭はあのお笑い芸人の江頭2:50です。

なぜ江頭タイムなのかと言いますと、市場の開いている時間は9時から15時です。
この市場が終了する10分前の2:50に株価が大きく動くことがあるのです。

大口の株主にとって、トレードは、駆け引きです。
午後の取引(後場)終了直前に、いきなりトレーダーが大きな動きを見せることがあり、時には、インサイダー取引が行われることもある。
その時間帯がこの江頭タイムであり、油断ならない時間帯のようです。

デイトレードであれば、大抵その日のうちに売買を終了してしまうので、大丈夫でしょうが、この10分に相場が大きく動くことから、この江頭タイムには要注意の時間帯ともいえるようです。

2:50という数字から江頭タイムと呼ばれるようになったのでしょうが、双方ともに「要注意」という共通点も持っていますね。

デイトレード初心者にはまだまだとっつきにくい時間帯です。

まあ、株の初心者はこの一日のうちでも派手な動きを見せる可能性の高い江頭タイムを高みの見物と言ってはいかがでしょうか。

その変動から、売り手・買い手の心理を読めるようになってきたら・・・参入してみてもいいのでは?

私はそんなリスキーなことできませんので、FXスワップから入ることをおすすめしますが、、

それにしても江頭タイム・・・パチンコ屋さんの「じゃんじゃんバリバリ」みたいな雰囲気ですね。

デイトレードを実際始めようと思うのですが、株式投資初心者としては、非常に緊張する一瞬ですね。

デイトレードを始めてしまえばなんてことないのでしょうが、デイトレードの実践における「はじめの一歩」を踏み出せずにいるヘタレです。

株の取引入門編としておすすめされているのが、東証一部の証券取引です。
東証一部上場した企業は大抵「祝!」と喜んでいますが、これは、東証一部へ上場するための審査基準が非常に厳しいからです。

ですから、この基準にクリアーしたということは、優良企業のお墨付きを頂いたということになり、信頼のある企業と言うことになります。

したがって株の売買でも人気が出るし、株価も安定していきます。

これに対し、新興市場と呼ばれているジャスダック市場は、非常に値動きの変動が激しいと言われています。

デイトレードを行っているトレーダーにとってはこちらの方が取引のチャンスが多そうですね。

株の買い方には人それぞれありますが、初心者に共通して言えることは、あまり値動きの激しいジャスダックは慣れるまで遠慮するほうが賢明だということです。

デイトレードだとなおさらのこと。
初心者のうちは大きく利益を出そうと思わず、株の取引そのものを理解するための練習試合をしている時期だと思ってください。

そして、デイトレードの仕組みに慣れてきて初めてジャスダックへ進出していきましょう。

最初は失敗が多いので、なくなっても構わないという程度の資金を持ってジャスダックへ参入していきましょうね。

株のデイトレードとは、私が考える以上に、株の初心者が手を出すには難しいもののようです。

しかし、まだ何も知らない株の初心者だからこそ出来ることもあるような気がするのですが。
それを世間ではビギナーズラックと言うのでしょうが。

株の値動きなどをまだまだ見る目を養っていないからこそ、集中して勉強するためにも、デイトレードで集中するのです。

私は幸いにも、市場が開いている時間帯は常にネットをチェックできる環境にあります。
小さい子供もいないので、誰にも邪魔されることなく常にネットをつないだ状況にしておくことができるので、デイトレードで勉強させてもらおうと思うのですが、まず、デイトレードでもなんでも株の取引を開始するには、手続きが必要となってきますよね。

今回は、その手続きについてお話していこうと思います。
まず、証券会社に口座開設の申し込みをする必要があります。

申し込み方法は各会社によって多少異なりますが、住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどを必要事項を記入して申し込むと、後日ログインとパスワードが送られてくるので、それを登録すると官僚となります。

もともと持っている口座を利よす売ることもできますが、証券会社によっては確定申告を代行してもらえるサービスなどもありますので、そういったものを参考にして証券会社を決めるのもいいと思います。
特に私は税金関係が非常に苦手なので、納税も代行してもらえるところにしようと思っています。

インターネットの普及に伴って、ネットで株を初心者でも気軽に始めることができるようになりました。

それまでは・・・証券会社の窓口での取引になっていたのでしょうね。
一昔前と今とでは、証券取引所の風景も変わってきているのでしょうね。

証券取引所と言うと、一般的なイメージは、大発会の時の女性社員の振袖姿。
あれにあこがれて、証券取引所に就職したいと思った女性の方は多いのではないでしょうか。

私の中では、証券取引所で振袖姿で仕事をしている女性が非常に素敵に見えました。
美しさと知性とを持ち備えているって感じで。

バブルのころでしょうか、昔の証券取引所の風景として先日テレビで放送されていた女性は、振袖姿でソロバンをはじいていました。
ソロバンを使用している姿になんとなくホッコリしたのは私だけでしょうか。

パソコンやインターネットの普及によって、株の売買の方法は大きく変わっていきます。
オンライントレードの存在のおかげで、デイトレードもできるようになってきているわけです。

この時代の流れに乗って行けている人が、株取引の楽しさを味わっているわけです。

昔からニュースで為替や株の値動きを報道していますが、これらの動きに敏感になっていっているデイトレーダーは年々増加していっていることでしょうね。

ところで、株券が平成21年1月5日から電子化の実施がされましたが、皆さんの家庭は大丈夫ですか?
手続きが面倒になってきていますが、気付いた時点ですぐに電子化していきましょうね。

株でデイトレード取引を行うのに向いている人・向いていない人と言うのには、ライフスタイルだけでなく、性格も大きく関係しています。

デイトレードは、一日の(取引市場が開いている時間(9時~15時(11:00~12:30(東証は13:00まで)は昼休みで取引できません))の間、基本的には株価の変動を逐一チェックできる状況にある人であることが必須条件です。

しかも、株価の変動に非常に敏感になっている人が、向いていると言えるでしょう。
こういった人は、決算をするまで気になって夜も眠れなくなってしまい、世の中株のことを中心に回っているようになっています。
ある意味、非常に熱心な方ですよね。

株のことで頭がいっぱいになり、オンオフが取れなくなってしまってはいけない。
オフを作るためにも、決算が終わったら、株のことから解放される時間をとるためにも、デイトレードがおすすめです。

逆に、株の売買に興味はあるけれど、四六時中株のことを考えいたくはないし、多少損したって構わないよ、と言ったおおらかな性格の人は、長期スパンで見る株取引の方が向いているでしょう。

性格によってトレード方法にも向き・不向きがあります。

株の売買に興味はあるけれど、自分の性格は向いていないのではないかと躊躇している方、株はスパンによって向いている性格がいろいろあるので、きっとあなたに合った投資のスパンがあるはずですよ。

株取引は、デイトレードだけではないので、じっくり自分に合ったものを探していってみてくださいね。

デイトレードに向く人、向かない人と言うのは、その人のライフスタイルや、どの程度儲けたいのかということとも大きく関係してきます。

特にデイトレードは、長期スパンで見る株取引とは違い、株の変動が小さい。
ということは、少ない株ではなかなか利益が上がってこないので、ガッツリ儲けたいと思うのであれば、それなりの資金が必要となってきます。

短期間とはいえ、その企業の株を保有するのですから、1株の値段は平等ですからね。

反面、多くの株を購入して、その株の値段が下落してしまった場合、損害は大きいです。
株価が下落してくると、なかなか売るタイミングを着極められなくなってきてしまう。
損切りすることも時には必要ですが、やはりデイトレードは、順張りでサクッと買ってサクッと売るのが鉄則です。

株の数が増えてもそれは同じこと。

万が一株価が下落してきたら・・・授業料を払ったと思って、早めの損切りをしましょう。

ワンクリックにのしかかるプレシャーは大きい。
万が一そのあと、株の値段が戻ってきてしまったら・・・。

迷っているうちに株価はどんどん下落していってしまいます。

もしも、クリックした後で、株価が上がってきたら、また取引を開始すればいいのです。
それがデイトレード。

小さく損して、大きく経験知を積む。
これぞデイトレードの最も素晴らしい長所と言えるのではないでしょうか。

デイトレードの短所ともうまく付き合えるようになっていけたら、スバラシイトレーダーになっていけるのでしょうね。

株のデイトレードに向いているのは何と言っても専業主婦の方。
家事がある程度できていれば、日中ずーっと株の変動を見ることができるという状況にある人が好ましいです。

その専業主婦の方も、家族の変化によって、デイトレードが難しくなってくることがあります。

それは子供。

乳児がいるのであれば、定期的に株価の変動をチェックすることはできないし、ある程度大きくなってきたらきたで、パソコンのマウスをいじってくる可能性がある(子供と言うのは、なにかと大人の真似をしたがるので)パソコンを立ち上げておくことによって、自分が思うようにトレードできない可能性が非常に高いし、とんでもないところで売買成立をされてしまうとも限らない。

デイトレードの場合、パソコンは基本立ち上げっぱなしのわけですから、その最中に何が原因でパソコンの電源を消されてしまったりとトラブルが起こるか分からない。
いくら性能の良いパソコンだって、電源を入れてから株のトレードを行える状況になるまで時間がかかります。
デイトレードは、1分1秒単位で株価が変動し、その差を利用した売買方法なわけですから、このトラブルは命取りともいえるでしょう。

だから、小さな子供がいる家庭では、株のデイトレードはおすすめできないようです。

子供が幼稚園や保育所、小学校へあがってからデイトレードに移行して、それまでは、スイングトレードなどで様子見をしながら売買できるものの方がよさそうです。

実際、必要に迫られて、株のデイトレードをしばらく諦めていたという方もいらっしゃるようです。

デイトレードは、専業主婦や、株での売買を専門として株の変動をじっくり見ることのできる環境にある人が行うのがベストな取引のようですね。

株価が安定しているということは、その企業そのものが安定していることにつながり、株主にとっては喜ばしいことです。

しかし、デイトレードを行う人間にとってこれでは利益を挙げることができません。
売値と買値に差が生じないから。

デイトレードは、短期決戦ですから、一日の間で株価が大きく変動する銘柄に投資しなくてはいけない。

株価の動きを観察する必要があるのですが、株の中でよく行われている、信用取引ってありますよね?

証券会社から、株や資金を借りて行う取引ですが、デイトレードに限って言えば、信用取引を行うことはあまりにもリスキーなため、基本、信用取引は行わない方が賢い方法と言えるそうです。

株取引でも、デイトレードは、中期や長期のトレードとは違って、それこそ秒単位での判断が必要となってくるし、売買のタイミングが、まったく違うようです。

専門用語で言うならば、順張りで売買を行うのが、株のデイトレードのセオリー。

株が上昇傾向の時、早めに買い注文を行い、ある程度の利益が出ると判断したなら、売りに転じる。

これがデイトレードの基本の手法です。

逆に、逆張り(オヤジギャグではありません)があり、株価が値下がりしている間に買い、上がってくるのを待って、株価が上昇して言っている間に売るのです。

一般的な株の売買と言うと、この逆張りの売買をイメージするのではないでしょうか。

デイトレードと、中期・長期のトレードとは、タイミングが違うし、売買のタイミングも秒単位。

中期・長期の株のトレードに慣れている人こそ、要注意が必要になってくるのかもしれませんね。

経済